ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

成年後見人の本人(被後見人)に対する債権 

カテゴリ:成年後見 2015年06月29日

 

成年後見人が本人(被後見人)に対して立替金等の債権を有する場合、

後見監督人が就いているのであれば、

後見人は本人の財産を調査する前に後見監督人に対して債権を有する旨を申し出る必要があり、

これを怠ると、

その債権を失うことになります・・・・。

 

一方、

後見監督人がいない場合はそのような手続きはありません・・・。

 

もっとも、

監督人の有無に関係なく、

後見人は、

財産状況報告書の負債欄にその旨を記載しなければならないことは言うまでもありません・・・・。