ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

遺言は自由に撤回することができます。/ 無料相談は西東京市(田無駅)さくら司法書士事務所 小平市 東村山市 武蔵野市 

カテゴリ:相続、遺産分割 2011年01月31日

遺言は、

遺言者の(生前の)最終的な意思に法的効果を与える制度です・・・。

 

従いまして、

一度遺言を書いた後に気が変わったら、

再び遺言書を書き改めることも出来、

何ら問題ありません・・・。

 

尚、

新しく書いた遺言が、

前の遺言の内容と矛盾する場合には、

後の遺言にて、

前の遺言が当然に撤回されたものとみなされます・・・・。

 

こうして新しい遺言書を作成することによって、

前の遺言の全部又は一部を撤回することができるのです・・・。

 

 

遺言書作成のご依頼・無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」志村理

武富士への過払い金債権届出の期限があと1ヶ月に迫りましたのでお急ぎ下さい。【2011.1.28】/ 無料相談は西東京市(田無)さくら司法書士事務所 小平市 東村山市 練馬区 立川市

カテゴリ:債務整理・借金問題, 過払金返還請求 2011年01月28日

寒さが辛い一日でしたね・・・。

 

今日は、

面談相談及び、

再生計画案の作成や後見業務における財産状況報告書の作成など、

終日事務所にこもりっきりの終日でした・・・。

 

さて(話は変わり)、

昨年経営破綻し、

現在会社更生手続き中の武富士に対する、

債権届出の期限がちょうど1ヶ月に迫りました・・・。

 

届出期限は平成23年2月28日です。

上記期日を過ぎると(債権届出をしていない方は)過払い金が返してもらえなくなる可能性があります!

 

武富士に対して過払い請求権を有する方はもちろんこと、

過払い金が発生しているか不明の方も、

同社と取引している方は、

早急に同社に問い合わせることをお勧めします・・・・。

 

問い合わせ先は武富士本社コールセンター、

0120-938-685

0120-390-302

平日8時30分~19時まで受付しております。

詳しくは武富士のHPをご覧下さい。

 

電話が繋がりにくい場合がありますが、

その場合でも諦めずに時間を置いて掛けなおすか、

または、

司法書士や弁護士に相談するなどして、

適切な手続きを採って下さい・・。

 

 

 

武富士への過払い請求は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理

西東京市(田無)で自己破産・免責の無料相談は「さくら司法書士事務所」へお気軽にどうぞ。/ 小平市 東村山市 東久留米市 清瀬市 武蔵野市 三鷹市 小金井市 東大和市 立川市 西武線

カテゴリ:info 2011年01月26日

◎電話相談(無料
   平日9時~19時まで受付しております。
   電話番号:042-469-3092

◎メール相談(無料
   365日24時間受付しております。
   当事務所運営サイトの相談フォーム
をご利用ください。
            メール相談フォームはコチラ
>>

 

自己破産とは、

多くの方がご存知の通り、裁判所に申立をして免責決定を得る・・・、

まさに借金の全てを免除してもらう手続(制度)です(債務免除)。

 

しかし、

自己破産をすると、

「何かしらの制裁がある」

「人生の落伍者、再出発できない」

「お金や預貯金などの全財産が没収されてしまう」

「選挙権を失う」

「会社にバレてクビになってしまう」

「大家さんからアパートを追い出されてしまう」

 

といった誤った認識を持ったり、

必要以上の心理的抵抗感を持たれている方が多いのではないでしょうか?

 

自己破産とは、多重債務に陥ってどうしようもない人の受皿的な制度ではなく、

人生をやり直すための制度だと解釈していただきたいです。

 

あなたさえその気になれば、借金問題は必ず解決できますので、借金返済に困窮し、どうしてよいのか分からなくなってしまった場合においても、決して 諦めたり、ヤケになったりせず、お近くの司法書士(弁護士)にご相談ください、 きっとお力になれるはずです。

 

手続きや費用報酬の詳細はHPをご参照下さい。
↓↓↓

さくら司法書士事務所公式HPはコチラ>>

債務整理&過払い専門サイト(当事務所運営)はコチラ>>

 

 

主な対応エリア :西東京市(田無)、小平市(花小金井)、東村山市、東久留米市、清瀬市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国分寺市、立川市、その他三多摩西武線沿線

オリエントコーポレーション(オリコカード・orico)の過払い金返還請求対応状況【2011.1.21】  /   過払い請求の無料相談は西東京市(田無)さくら司法書士事務所にお気軽にどうぞ。

現在、

私は複数の方の後見人や保佐人等の職務に就いておりますが、

今日はこの方達との面談のため、

終日外出の一日でした・・・。

 

成年後見人は財産管理だけすれば良いという訳ではなく、

「ご本人が快適に暮らしていらっしゃるか」

「何か問題は発生していないか」

といったことにも気を使う義務があり(身上配慮義務)、

そのためには、

定期的にご本人と直接お会いする必要があるのです・・・。

 

さて、

今日はオリエントコーポレーション(オリコカード)への過払い請求に対する対応状況について最新の情報をお知らせしたいと思います・・。

 

尚、

あくまで争点のない事案及び現時点での状況であること、

そして、

当職の場合においての対応状況であることにくれぐれもご注意下さい・・・・。

 

昨年の夏くらいまでは、

オリコの対応は比較的良く、

過払い訴訟を提起せずとも(任意での交渉によって)、

過払い元金全額について、

2・3ヶ月以内に一括にて返金する旨、

同社と和解(合意)が成立しておりました・・・。

 

しかし、

9月あたりから

(任意での段階では)過払い元金の8割~9割以上の返還には応じないばかりか、

返還日は和解した日から半年先という対応になりました・・・。

 

現在同社より、

全額の過払い金を速やかに回収するためには、

不当利得返還請求訴訟(過払い訴訟)の提起が必要な状況となっております・・・。

 

尚、

訴訟を提起すれば、

早々に、

過払元金全額+利息を2,3ヶ月先に返還する旨の和解(和解に代わる決定)の成立が見込めます・・・。

 

 

 

 

オリコ(オリエントコーポレーション)に対する過払い請求は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理

成年後見人の権限の制限 / 西東京市(田無)さくら司法書士事務所 小平市 東村山市 武蔵野市 三鷹市 無料相談

カテゴリ:成年後見 2011年01月19日

成年後見人には、

本人の財産について全面的な財産管理権を有しますが、

対のような制限があります・・・。

 

1、居住用不動産の処分

成年後見人が本人を代理して、

本人が居住している土地や建物・マンション・アパートといった不動産を処分(売却や賃貸借契約の解除)する場合は、

事前家庭裁判所の許可が必要となります・・・。

 

2、本人の行為を目的とする債務

例えば、

「絵を描くこと」や「労働」といった、

本人の行為を目的とする債務を発生させるためには、

本人の同意が必要となります・・・。

よって、本人に同意をするだけの理解力がない場合には、

そもそもこのようなことをすることができません・・・・。

 

3、利益相反行為

本人と成年後見人等の利益が相反する場合には、

成年後見人等は本人を代理することはできず、

また、

保佐人や補助人は同意することはできません・・・。

 

 

成年後見のご相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理

次ページへ »