ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

法テラスの民事法律扶助に問題(予算が底をつく?!)

カテゴリ:日々の雑感, 時事、話題、その他 2009年11月25日

本ブログ当事務所HPにて度々ご紹介している、

法テラスの「民事法律扶助」制度に関し、

問題が発生しております・・・。

 

同制度は、

法律トラブルを抱えながら経済的に困っている人に、

国が裁判費用を立て替えたり、

無料で法律相談に応じる制度なのですが、

 

この利用が今年度に入って急増したため、

予算が底をつきそうな事態に陥っているのです・・・・・。

 

昨日の毎日新聞によりますと、

裁判費用を立て替える「代理援助」の利用が毎年増加傾向で、

06年度の6万1196件に対し08年度は8万442件、

そして今年度は伸び率が上昇し、

4~8月で4万1865件に達してしまい、

このままの推移で行くと、

相談件数は10万件を超え、

今年度の運営費(104億円)をオーバーする可能性があるとのことです・・・・。

 

法務省は2次補正予算において、

法テラスへの運営費交付金として25億円程度を計上する方針ですし、

また、

法相も予算確保に意欲を示しているようなので、

「法律扶助制度の利用ができなくなる・・・・」、

といった事態に陥ることは(今年度に限っては)「ない」と思いますが、

 

予算が足りないがために、

毎月の制度利用限度額を定め、

超えた分は(援助決定を)翌月に持ち越すといった運営方法を続けることは、

司法書士・弁護士による受任を制限することになってしまいますので(憲法32条~裁判を受ける権利)、

一時的な措置だけでなく、

制度の抜本的な見直しも検討すべきではないでしょうか?・・・・・。

 

 

 

西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理(しむらおさむ)