ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

任意後見契約後に法定後見を申立てた場合はどうなる?

カテゴリ:成年後見 2015年08月31日

 

既に任意後見契約が存在している場合において、

(法定)後見開始の申立てがあったとしても、

原則として、家庭裁判所は後見開始の審判等を行いません・・・・。

 

何故ならば、

任意後見は本人の意思に基づく後見制度のため、

自己決定権の尊重の理念に合致しており、法定後見よりも優先されるからです・・。

 

しかし、

「本人に浪費傾向が強く取消権が無いと本人の保護に欠ける」とか、

「任意後見受任者が本人に対して訴訟をした 」など、

本人の利益のために特に必要があると家庭裁判所が認めた場合は、例外的に法定後見が選択されます・・・・。

 

成年後見人の本人(被後見人)に対する債権 

カテゴリ:成年後見 2015年06月29日

 

成年後見人が本人(被後見人)に対して立替金等の債権を有する場合、

後見監督人が就いているのであれば、

後見人は本人の財産を調査する前に後見監督人に対して債権を有する旨を申し出る必要があり、

これを怠ると、

その債権を失うことになります・・・・。

 

一方、

後見監督人がいない場合はそのような手続きはありません・・・。

 

もっとも、

監督人の有無に関係なく、

後見人は、

財産状況報告書の負債欄にその旨を記載しなければならないことは言うまでもありません・・・・。

 

成年後見人(保佐人・補助人)は勝手にを辞められません。/ 無料相談は西東京市(田無駅)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理(しむらおさむ) 小平市(花小金井) 東久留米市 東村山市 清瀬市 

カテゴリ:成年後見 2015年05月11日

成年後見人

保佐人、

補助人は、

「正当な事由」があるときは家庭裁判所の許可を得て辞任することができますが、

勝手に辞めることはできません・・・。

/

「高齢のため職務を全うできない」

「病気」

「遠方転居や海外赴任」

「本人との信頼関係の崩壊」etc

/

これら事情がこの「正当な事由」に該当します・・・・。

/

尚、

辞任の許可申立てを行う場合には、

同時に後任の成年後見人(保佐人・補助人)の選任申立てを行う必要があります・・・・。

/

/

成年後見のご相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理(しむらおさむ)

成年後見申立を行う親族がいない場合は市区長村長が申立人になることができます。/ 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 清瀬市 東久留米市

カテゴリ:成年後見 2015年02月16日

認知症などのため後見等を開始する必要があるにもかかわらず、

本人に判断能力がなく、

また、

後見開始申立権のある親族もいない(不明)場合は、

市区町村長が後見開始の審判等を申立てることができます・・・。

後見開始の申立権者には、

(本人以外に)本人の四親等内の親族が該当するのですが、

これら親族がいるかどうかの判断や調査も含め、

後のことは役所で対応してくれます・・・。

従いまして、

このような問題を抱えた場合は、

まずは市区町村の障害者・高齢福祉担当窓口に相談なさると良いと思います・・・。

成年後見のご相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理

遺産分割協議をしたいがボケてしまっている相続人がいる場合はどうしたらよいか・・・ / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市 東村山市 清瀬市 東久留米市

カテゴリ:成年後見, 相続、遺産分割 2015年02月02日

遺産分割において、

相続人の中にボケてしまい、判断能力を欠く常況があるのに後見開始の審判を受けていない方がいる場合、

その方にについて成年後見人を就ける必要があります・・・。

成年後見人を選任してもらうためには、所定の必要書類等を揃えて家庭裁判所に申立てなかればなりません・・・・。

成年後見人が家庭裁判所に選任されると、

その成年後見人が、

の相続人に代わって遺産分割協議に参加することになります・・・。

なお、

既に成年後見人が就いていて、

成年後見人自身も共同相続人となっており、成年後見人がその方の遺産分割協議に参加する行為が利益相反になる場合には、

特別代理人の選任を家庭裁判所に求める(申立てる)必要があります・・・・。

成年後見、遺産分割のご相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理(Shimura Osamu)

« 前ページへ次ページへ »