ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

自己破産をしても全ての資産を失うわけではありません。・・・家財道具や現金預貯金などの財産は手元に残るケースが多いです。   / 無料相談は西東京(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平 東村山 立川 国分寺

カテゴリ:info, 債務整理・借金問題, 自己破産・免責 2012年01月12日

電話相談(無料
平日9時~19時まで受付しております。
   電話番号:042-469-3092

◎メール相談(無料
   365日24時間受付しております。
   当事務所運営サイトの相談フォーム
をご利用ください。
            メール相談フォームはコチラ
>>

 

「財産をお金に代えて債権者に支払う」・・・、
これが自己破産の原則です。
 
そして、

公平な観点で換価手続を監督する人を置く必要があり、

この人を「破産管財人」と言います。

 

しかし、

換価手続を行うにしても、また、

破産管財人を置くにしても、

その「費用」というものはかかってしまうので、

目ぼしい資産を持っていない破産者に対してまで換価手続を行うことは、

返って費用倒れとなり、破産手続の性質からしてとても不経済かつ不合理なことです。

 

そこで、

原則である換価手続の例外として、

目ぼしい財産がない場合には換価手続を止めてしまう制度があり、

これを「破産廃止」と言います・・・・。

 

破産廃止には、

自己破産申立時に既に目ぼしい財産がないことが判明しており、

最初から止めてしまう「同時廃止」と、

手続の途中でそのことが判明し、

手続を止めてしまう「異時廃止」の2種類の破産廃止があり、

 

不動産など高価な財産を持っていないサラリーマンやアルバイトの方などは、

同時廃止に該当することが多いです・・・。

 

破産廃止(同時廃止・異時廃止)に該当すると、

換価手続はされませんので、

財産は破産者の手元に残ることになります・・・。

 

尚、

原則通り換価手続を行う破産事件のことを、

「管財事件」や「少額管財事件」と呼びます・・・

 
自己破産の財産換価基準
以下の財産については自己破産をしても原則として換価又は取立は行いません。

  1. 990,000円に満つるまでの現金
  2. 残高200,000円以下の預貯金
  3. 見込額200,000円以下の生命保険解約返戻金
  4. 処分見込額200,000円以下の自動車
  5. 居住用家屋の敷金債権
  6. 電話加入権
  7. 支給見込額の8分の1以上相当額が200,000円以下である退職金債権
  8. 7. につき200,000円を超える退職金債権の8分の7
  9. 家財道具
  10. 差押えを禁止されている動産または債権(給料の4分の3など:民執法)

 

 

なたさえその気になれば、借金問題は必ず解決できますので、借金返済に困窮し、どうしてよいのか分からなくなってしまった場合においても、決して 諦めたり、ヤケになったりせず、お近くの司法書士(弁護士)にご相談ください、 きっとお力になれるはずです。

手続ききや費用報酬の詳細はHPをご参照下さい。
↓↓↓

さくら司法書士事務所公式HPはコチラ>>

債務整理&過払い専門サイト(当事務所運営)はコチラ>>

主な対応エリア :西東京市(田無)、小平市(花小金井)、東村山市、東久留米市、清瀬市、武蔵野市、立川市

《会社更生》武富士のスポンサーがJトラストに変更・・そしてこの不始末の責任 / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理 小平市 東村山市 東久留米市 清瀬市 武蔵野市

カテゴリ:債務整理・借金問題, 過払金返還請求 2012年01月09日

12月28日、

会社更生手続き中の武富士は、

事業買収資金の支払いなど契約が履行されなかったことを理由に、

韓国消費者金融大手「A&Pファイナンシャル」とのスポンサー契約を解除し、

金融大手のJトラストと新たなスポンサー契約を締結したと発表しました・・・・。

 

武富士は会社分割によって、

債権者への支払い業務を切り離し、

健全部分の事業会社をJトラストが約252億円で買収し、

Jトラストでは来年3月までに買収代金を支払い、

武富士を貸金業の子会社と合併させる計画とのことです・・・・。
以上、2011.12.29 フイサンケイビジネスアイ参照

 

もともと武富士の会社更生手続きにつき、

Jトラストは310億円で入札していましたのですが、

それよりも安値(282億円)であるA&Pファイナンシャルに売却が決められたという経緯がありました・・・。

 

そして今回、

A&Pファイナンシャルがこのようなことになり、

結局、Jトラストに対して当初の入札額より60億弱もの安値で売却されることになってしまいました・・・・。

 

今回の更正手続きによって多くの債権者が損失を蒙ることになっている以上、

この不始末の責任はしっかりととってもらいたいものですね・・・・。

 

 

西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理(シムラオサム)

成年後見申立ての取り下げ / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市 東村山市 清瀬市 東久留米市 武蔵野市

カテゴリ:成年後見 2012年01月05日

「家庭裁判所から切手と収入印紙、

それと受領書が送られてきました。

受領書にサインと判子を押して家庭裁判所に送れば良いのですか?」

・・・今日、依頼人(申立人)からこんな連絡が入りました。

 

どうやら、

昨年12月に申し立てた「保佐開始申立ての取下げ」が無事に完了したようです・・・・。

 

一度申立てた後見開始事件を取り下げることはできるのか?

こんな相談がたまにあります・・・。

 

結論から申し上げれば可能です。

審判前にご本人が亡くなってしまったため、

申立てを取下げるケースは結構ありますし、

また、

補助や保佐レベルの事件においては、

申立てた後になってご本人が翻意することなども考えられます・・・。

 

尚、

申立人が望む後見人候補者が家裁から選任されなかったことを理由に、

(審判確定前に)申立てを取下げてしまうケースもあり、

このような理由による取下げは

本人保護の観点から問題があると思われ、

さまざまな議論がなされてはいるものの、

(審判確定前であれば)取下げは可能となっているのが現状です・・・・。

 

 

成年後見の無料相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理(しむらおさむ)

« 前ページへ