ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

給料の差押え(債権回収)について  +新宿(四ツ谷)の司法書士会館

カテゴリ:裁判・訴訟 2017年03月27日


「給料の差押え」とは、
返済が滞っている債務者に対する(債権者が行なう)法的な債権回収方法です。

給料の差押えに限らず、財産を差押える際は、強制執行という債権回収方法を用いて行います。

強制執行とは、
強制的に債務者の財産や債権、不動産などを差し押さえる法的手段で、裁判所を通した債権回収になりますので、債権者が裁判所を通さず勝手に債務者の財産を差押えることはできません。

強制執行では主に、
・給料
・預貯金
・動産
・不動産
などを差押えることができ、これを実行するには、「債務名義」という、請求権の存在、範囲、債権者、債務者を記した公の文書・・・・つまり裁判で勝ったことを証明する書面(確定判決、仮執行宣言付判決、和解に代わる決定etc)が必要となります。

ちなみに、
強制執行は差押さえだけでなく、「賃貸借契約におけるアパートの明渡し」といった、金銭の差押えではなく、行為を強制的に行なわせる執行方法もあります。

給与の差押えには限度額があり、
原則として、月々給与の法定控除額を引いた4分の1までしか差押えができません。何故ならば、債務者の最低限の生活を保護する必要があるからです。

ただし、給与から法廷控除額を引いた額が33万円以上になった場合は、33万円を引いた金額全額を差し引くことができ、この場合、上記の4分の1の金額と比較して金額が高い方が適応されます。

さて(話は変わり)、

私が所属する東京司法書士会は新宿(四ツ谷)の司法書士会館内にあり、月に4,5回はここを訪れます。

何故ならば、成年後見センター・リーガルサポートや東京司法書士会における様々な委員会等の会務は、ここ、司法書士会館で行われているからです。

夕方の司法書士会館

IMG_1419

会務は大抵18時頃から開始します。



建物賃貸借における明渡しの強制執行① / 無料相談は西東京市(田無)の「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 東久留米市 清瀬市

2月も2週目に入りました・・。

この時期は通常の司法書士業務に加え、自営業者としての確定申告をしなければならないため、

その辺りを考慮してスケジュールを組んでいかないと少々大変なことになってしまいます・・・。

さて、

昨年6月に東京簡裁に提起した建物明渡等請求訴訟について(私は原告側の代理人です)、

昨年末に判決が確定したのですが、

予想していた通り、賃借人(被告)が任意に明渡しに応じてくれないため、

先月、東京地裁へ建物明渡しにかかる強制執行を申立てました・・・。

本来、地方裁判所管轄の事件については司法書士は代理人にはなれないのですが、

今回、私は原告の法定代理人という立場であるため、

代理人として強制執行手続きに関与できるというわけです・・・。

所定の様式を整えて強制執行を申立てた後は、

執行官と打ち合わせをします・・・・。

これは、これから行うことになる建物明渡しの強制執行について、

建物内部の状況や占有状況などについて打ち合わせることによって、

明渡し催告や断行をスムーズに行う必要があるからです・・・・。

訴訟提起前に行ってきた明渡し交渉を含めると、ここまでくるのにかれこれ1年半近くかっており、

ようやく終わりが見えてきた・・・といった感じです。

つづきはまたの機会に・・。

賃貸アパート・マンション建物明渡しに関するご相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理(Shimura Osamu)

意思表示の公示送達とは  / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 清瀬市 東久留米市 武蔵野市(吉祥寺) 三鷹市 小金井市

カテゴリ:裁判・訴訟 2012年05月10日

隔地者に対する意思表示は、

その通知が相手方に到達した時から効力が生じます(民97)・・・。

 

しかし、

相手方の所在が分からない場合や、

相手方に相続等が発生し誰が現在の相手方であるか分からない場合には、

意思表示を送達することができないため、

意思表示の効力を発生させることができません・・・・。

 

そのような場合に、

相手方にその通知による意思表示が到達しなくても、

到達したと取り扱う制度があり、

この制度を、

意思表示の公示送達と言います(民98)・・・・・。

 

 

無料相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法所書士事務所」司法書士志村理(しむらおさむ)

フロックス(旧クレディア)に対する過払い請求訴訟~弁論終結~判決言渡しへ・・ / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 清瀬市 東久留米市 武蔵野市(吉祥寺) 国分寺市 立川市

昨日は、

消費者金融フロックス(旧クレディア)に対する、

不当利得返還請求訴訟(過払い訴訟)の2回目の口頭弁論のため、

武蔵野簡易裁判所へ行きました・・・。

 

思えば、

武蔵野簡裁に行くのは本年はじめてです・・・。

 

過払い請求の内容は、

クレディア時代の債権・・・・再生開始決定時における過払い債権(再生債権)が10万円強、

そして、

それ以降のフロックスとの取引にて発生した過払いが90万円弱、

計100万円の過払い元金と利息という、

特に論点の無い事案です・・・。

 

準備書面での被告(フロックス)の言い分は、

  • 過払い金が100万弱発生していることは認める・・・が、3割(30万強)での和解を望む。
  • 利息や損害金は付さないとする再生計画が認可されているのだから、利息は発生しない。

といったもので、

とても和解に応じられる内容ではありません。

 

とりあえず弁論は終結されましたので、

判決を待ちたいと思います・・・・。

 

 

フロックスに対する過払い請求は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理(シムラオサム)

訴訟費用は誰が負担する? / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 清瀬市 東久留米市 武蔵野市(吉祥寺)

カテゴリ:裁判・訴訟 2012年01月30日

裁判(訴訟)をするには、

訴訟費用がかかりますのでタダではありません・・・・。

 

そして、

訴訟費用は、

原則としてその裁判に敗訴した者の負担となります・・・。

 

それでは一部敗訴した場合はどうなるでしょうか?

・・・・一部敗訴の場合は、

裁判所の裁量によってそれが決められます・・・。

 

尚、

訴訟費用の負担については、

判決書に必ず記載されます・・・・。

 

 

無料相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理(しむらおさむ)

次ページへ »