ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

数次相続(すうじそうぞく)とは? +吉祥寺・井の頭公園散歩

カテゴリ:相続、遺産分割, 趣味 2016年05月01日

相続開始後、
被相続人の遺産分割協議がまとまる前に、新たに相続人が亡くなってしまった場合、
その亡くなった相続人の地位をその相続人の相続人が引き継ぎます・・・。

このように、遺産分割前に相続人が亡くなってしまった相続を「数次相続」と言います。

被相続人であるAが亡くなり、
Aの遺産分割協議がまとまる前にAの子供であるA1が死亡してしまった場合、誰が相続人になるでしょう?・・・・(Aには他に子A2がおり、A1には子a1がいたとします)。
この場合、
A1の相続権は亡くなったA1の相続人が引き継ぐので、a1がA1の相続人となり、父Aの遺産分割協議にはA2とa1が参加することになります。

なお、
相続人である被相続人の子(養子も含む)または兄弟姉妹が、相続開始以前に死亡していたり、相続欠格に該当し、または廃除(兄弟姉妹以外)によって相続権を失っているときに、その相続人の子が代わりに相続人となるケースは数次相続でなく、「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」と言います。

 

さて(話は変わり)、
29日(金)は休日にも関わらず珍しく早朝に目が覚め、また、とてもよく晴れて気持ち良かったので、朝食を食べに吉祥寺へ行きました。・・・しかし風が強い。

 

オリジナルパンケーキハウス

IMG_8918

 IMG_8917

チーズのオムレツとマカダミアナッツソースのパンケーキ。

朝からも高カロリーなのが何ですがとても美味しかったです。

 

 井の頭公園

 IMG_8920

 

IMG_8922

 

IMG_8935

朝ごはんを食べた後、そのまま南下して井の頭公園を散歩しました。

GWということもあり、ランニングする人やパフォーマンスをしている人、観光で来ている人など、朝から公園は賑やかでした。

約30年ぶりの「かいぼり(池の水を抜き、天日干しし、水質浄化と外来魚を駆除する)」が行われてからまださほど月日も経過していないため、池の水は透き通っており、池底まで見えました・・。

住みたい街NO1の座を譲ってしまった吉祥寺ですが、やはり緑や自然が多くとても良い街ですね。

 

 

 

過払い金が発生するしくみ +ひばりヶ丘散歩

カテゴリ:債務整理・借金問題, 趣味, 過払金返還請求 2016年04月24日

多くの方がご存じなので今更・・・かもしれませんが、
今日は「過払い金」が発生するしくみについておさらいしたいと思います。

消費者金融等の貸金業者の大半は、
出資法の上限利率である年29.2%若しくはよりそれに近い利率で貸付けを過去に行っていました。

しかし、
利息制限法では受領してよい利率を、貸付額に応じ年15%~20%までしか認めておらず、これを超える利息の支払いは「無効」であると規定しています。

このことによって、貸金業者による利率と利息制限法の定める上限利率に大きな開きがあるため、「返しすぎ(過払い)」という現象が生じてしまいます。

年29.2%若しくはそれに近い利率で、継続した取引期間が5・6年程あると、過払い状態になり(つまり借金はゼロの状態)、6~8年間以上になると、10万円以上の過払金が発生する可能性がでてくると言えます。

ただ、
直近に借増しをしたり(多額の借入)、少額の借入を頻繁にしている場合には、たとえ10年以上の取引期間があったとしても、過払いは発生しない場合もあります。

従いまして、
実際に引直計算をしてみないことには、「どれくらい減額、または過払金が発生しているのかは分からない」というのが正直なところです。

話しは変わり、

今日は西東京市ひばりヶ丘付近を散歩しに出かけました。

家を出たときは小雨が降っていたので、一瞬、外出を躊躇しましたが天気予報を信じて・・・。

 

ひばりヶ丘駅から自由学園方面へ向かいました・・・。

ここに来るのは3年ぶりくらいです。

「しののめ茶寮」

 2
自由学園の学生寮だった建物を改修してできたカフェで、パンヤクッキーなども購入でき、更に、イベントなども行われる自由学園の情報発信の場です。

 

南下し、田無駅方面へ向かいます・・。

駄菓子屋さん

3

 いいですね・・こういう店はずっと残してほしいです。

 

この頃(昼過ぎ)になるとすっかり雨はやみ、晴れ間が見えるようになりました・・。

この駄菓子屋さんのすぐちかくに公園がありました・・。

 

西東京いこいの森公園

4

 

大きな公園ですね。

池や雑木林など自然たっぷりです・・・。

 

どのくらい歩いたでしょうか(かなり歩いた感じがします)?

 

結構疲れましたが、気持ち良い一日でした。

 

 

遺産相続財産の整理(被相続人の預貯金を解約・払戻し、不動産の名義変更など)~+ 川越散歩

カテゴリ:日々の雑感, 相続、遺産分割 2016年04月17日

遺産整理(相続に関する)手続は、

  • 相続人が誰なのか(子供?・兄弟?)?
  • 遺言書はあるのか?
  • 相続財産はキチンと把握できているのか?
  • 相続人間での合意はできているのか(遺産分割協議)?

・・・・など、
皆さんが思っている以上に複雑で手間がかかる作業です。

金融機関の預貯金の解約や払戻しなどを考えてみても、
銀行や信用金庫ごとに所定の用紙があり、必要となる書類も異なりますので、何度も各窓口に足を運ぶ必要が出てきます。

また、
遺産整理のためには、必要書類である戸籍謄本等を市区町村役場等で集めなければなりませんので、本籍地が遠方だったりすると、それだけで相当な手間と負担を強いられます。
平日働いている方やご高齢の方にはか大きな負担となる作業ですね。

そのような相続人様に代わって、
当事務所では、必要書類の収集から作成(遺産分割協議書など)、法務局への相続登記の申請、金融機関における預貯金の解約払戻し、名義変更手続き、保険金の請求、株式や投資信託などの金融商品の解約・売却などの全てを、相続人様に代わって行い、円滑かつズムーズに遺産整理が終わる様、お手伝いさせていただきます。

さて(話は変わり)、
今日は「川越」へ散歩へ行きました。

本川越へ向かう車窓からは(強風のため)、畑の土ぼこりが舞う様子が度々目に映り、
また、空には大きな雨雲がどっしりとかまえていたため、
「今日の外出は失敗だったカナ・・」と、少々後悔です。


本川越に着くと、
風は多少強めであるものの、空はすっかり晴れており、イメージしていた通りの散歩日和となっておりました。


しかも、晴れ間の中、大きな雨粒がポツポツと降っていたのですが(お天気雨ですね)、それがそんな嫌な感じではありません・・。

 

本川越駅から(喜多院方面に)歩いてすぐの商店街

IMG_8746

風になびくたくさんの鯉のぼりがとても美しく爽やかで、

これを見れただけでも、今日来た甲斐がありました。

 

「いちのや」さんのうな重

IMG_8738

せっかく川越まで来たのだから・・ということで、お昼は奮発してしまいました。

 

仕事(さいたま地裁川越支部)では川越にちょくちょく来るのですが、

やっぱり、仕事で来るのと、休みの日に来るのとでは全然違いますね。

 

リフレッシュできたので、また明日から仕事に励みたいと思います・・・。

 

 

清瀬市社会貢献型後見人(市民後見人)養成講座の講師をつとめてまいりました。(2016.1.15)

 

昨日は清瀬市社会福祉協議会 きよせ権利擁護センターが主催する、

社会貢献型後見人(市民後見人)養成講座の講師をつとめてまいりました。

 

養成講座は1回限りではなく、

3回の権利擁護サポーター養成講座を経て、その後に9回のプログラムにて行われる養成講座でして(全12回)、私は7回目の講師を担当させていただきました・・。

 

ところで皆さんは「市民後見人」をご存知でしょうか?

市民後見人とは、

司法書士や弁護士、社会福祉士などの資格は持たないものの、社会貢献への意欲や倫理観が高い市民の方で、成年後見に関する一定の知識・態度を身に付けた第三者後見人等をいいます。

現在、認知症や障害を患った方の後見人になる方の数が不足しており、そのことが社会問題になりつつあります・・・。

そこで、親族ではない一般の市民の方に後見人になってもらうことで、後見人不足の問題を解決しようとうことを厚生労働省が政府の政策として推進しており、この一般市民の方による後見人を「社会貢献型後見人(市民後見人)」と呼んでおります。

 

講義内容は「事例から学ぶ実務レポート」というテーマで、

後見開始の申立てから就任時の業務、就任中の日常業務、終了時の後見業務など一通りの後見業務の実務について、実際に現在私が後見人として携わっている事案を紹介しながら実務上のポイントや注意点をお話させていただきました。

 

養成講座に参加してくる方達なので、当然のことながら権利擁護の意識がとても高く、「やる気」といいますか、なんか熱い空気のようなものがヒシヒシと伝わってまいりました・・・。

近い将来、この方達が立派な市民後見人として活躍されることを楽しみにしています・・。

 

相続税改正における主なポイント。平成27年1月1日(2015年1月1日) / 西東京市(田無)・小平市(花小金井)「さくら司法書士事務所」花小金井 東村山市 清瀬市 東久留米市

カテゴリ:時事、話題、その他, 相続、遺産分割 2014年10月27日

・・

相続税の改正によって、2015年1月1日(平成27年1月1日)より次の点が主に変更となります・・・。

1.相続税の基礎控除の引き下げ

改正後 3000万円+600万円×法定相続人の数

2.相続税率の引き上げ

改正後

~1000万円・・・10%

1000万円~3000万円・・・15%

3000万円~5000万円・・・20%

5000万円~1億円・・・30%

1億円~2億円・・・40%

2億円~3億円・・・45%(5%UP)

3億円~6億円・・・50%

6億円~・・・55%(5%UP)


3.小規模宅地の特例の適用拡大

居住用宅地の特例の面積拡大
240㎡ → 330㎡(80%評価減)

特定事業用宅地と居住用宅地の併用可能
330㎡ + 400㎡ =730㎡(80%評価減)

二世帯住宅でも小規模宅地の適用可能(平成26年1月1日より)

老人ホーム入居でも小規模宅地の適用可能(平成26年1月1日より)

4.未成年者控除および障害者控除の引き上げ

改正後

未成年者控除   20歳までの1年につき10万円

一般障害者控除  85歳までの1年につき10万円

特別障害者控除  85歳までの1年につき20万円

相続のご相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理

« 前ページへ次ページへ »