ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

相続人のうち所在が不明な者がいる場合の相続登記(不在者の財産管理人)

カテゴリ:不動産登記 2015年08月24日

 

相続人のなかに所在が分からず行方不明の者がいるため、

遺産分割協議できず、相続登記ができないという相談がよくあります・・・・・。

 

このような場合は、

この行方不明者の利害関係人である他の相続人が、

家庭裁判所に対し、不在者の財産管理人の選任を申し立てる必要があります・・・。

 

そして、

選任された財産管理人が、

不在者の代理人として遺産分割協議に参加すれば、

法定相続分とは異なった割合の相続登記が可能になる・・・・・・、

と言いたいところですが、

選任しただけではまだ遺産分割協議を行うことはできません。

 

何故ならば、

そもそも財産管理人には遺産分割協議を不在者に代わって行う権限がないからです・・・・。

 

そこで、

この選任された財産管理人が、

権限外行為としての遺産分割協議をすることについて、家庭裁判所の許可を得ることによって、

遺産分割協議ができることになります・・・・・・。