ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

給与所得者等再生(個人民事再生)には債権者決議がありません(借金の80%減額)。   / 個人再生の無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」へお気軽にどうぞ。 小平市(花小金井) 東村山市 東久留米市 清瀬市 武蔵野市(吉祥寺) 三鷹市 小金井市 東大和市 立川市 

カテゴリ:info 2012年04月09日

◎電話相談(無料
   平日9時~19時まで受付しております。
   電話番号:042-469-3092

◎メール相談(無料
   365日24時間受付しております。
   当事務所運営サイトの相談フォーム
をご利用ください。
            メール相談フォームはコチラ
>>

個人民事再生

雑把に言いますと借金の80%が免除される手続きです

 

裁判所に申立をして、

借金の額を『100万円または借金総額の5分の1(20%)』にまで減額し、

減額された借金を3年間でキチンと分割返済することを条件に、

残りの借金全て(本来の借金)が免除されるというしくみです。

 

個人民事再生には、

「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の

2種類の手続きがあります・・・。

 

債権者決議を経ることが条件となっている小規模個人再生に対し、

給与所得者等再生は、

債権者の同意というものは不要なので、

形式的な要件が整っていれば再生認可を得ることができます。

 

あなたさえその気になれば、借金問題は必ず解決できますので、借金返済に困窮し、どうしてよいのか分からなくなってしまった場合においても、決して 諦めたり、ヤケになったりせず、お近くの司法書士(弁護士)にご相談ください、 きっとお力になれるはずです。

手続きや費用報酬の詳細はHPをご参照下さい。
↓↓↓

さくら司法書士事務所公式HPはコチラ>>

債務整理&過払い専門サイト(当事務所運営)はコチラ>>

主な対応エリア :西東京市(田無)、小平市(花小金井)、東村山市、東久留米市、清瀬市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国分寺市、立川市、その他三多摩西武線沿線

フロックス(旧クレディア)が控訴 《過払い金返還請求》 ヤレヤレ・・・・ / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平市(花小金井) 東村山市 清瀬市 東久留米市 武蔵野市(吉祥寺) 立川市 国分寺市 練馬区

カテゴリ:債務整理・借金問題, 過払金返還請求 2012年04月05日

一昨日の暴風は凄まじかったですね・・・・。

 当日の夜は、

「風で事務所の看板が飛ばされ大事故になっていないだろうか・・」などと考え、眠れず心配でした・・・。

 

さて、

昨年末に提訴し、

本年2月末に勝訴判決を得た、

フロックス(クレディア)に対する過払い金返還請求訴訟について、

先日、

依頼人のもとに控訴状が届きました・・・・。

 

本件は、

クレディア時代の再生債権(過払い金)が一部混在しているものの、

特に争点の見当たらない過払い案件なのです・・・。

 

判決直後は、

「3割和解をして欲しい」といった、

到底容認できない内容の打診が同社より頻繁にありましたが、

全て断ってきた結果がコレです・・・。

 

控訴審のため、

今後は訴訟代理人ではなく本人支援となりますが、

何れにしましても、、

粛々と対応したいと思います・・・・。

 

参考)フロックスが負う、クレディアの再生計画に基づく弁済条件

  • 再生債権の40%の弁済率で一括弁済。
  • 30万円までの少額債権については一律一括全額弁済。
  • 保証債務については、代位弁済適状となった債権についてのみ、その代位弁済請求がなされた後に、その代位弁済請求債権額に対して、上記の条件(再生債権の40%の弁済率で一括弁済)で代位弁済を実施。
  • 潜在過払利息請求権
    期限内に債権届出ができなかった過払利息返還請求権の債権者には「責めに帰することができない事由」が存在し得ることに鑑み、届出がなかったことによって失権することなく、届出期限到来後であっても、当該利息返還請求権が再生債権として確定すれば、債権届出を行った過払利息返還請求権債権と同じ条件(40%の弁済率、ただし、30万円までの少額債権については一律全額)にて弁済を行う。

 

 

フロックスに対する過払い請求は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」認定司法書士志村理

モラルだけではどうしようもないことだってあるのです・・・《成年後見》 / 無料相談は西東京市(田無)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理 小平(花小金井) 東村山 清瀬 東久留米 武蔵野(吉祥寺) 三鷹 小金井

カテゴリ:成年後見 2012年04月02日

現在、

私が支援(後見人)させて頂いている方の中に、

ご両親、ご子息、兄弟姉妹はもちろんのこと、

親族等の身寄りも無い、

言わば「天涯孤独」の方がいらっしゃいます・・・・。

 

更に言うと、

ご本人にはめぼしい財産や収入も無いため、

数年前から生活保護を受けることによって、

ギリギリなんとか毎月の生活が成り立っている状態です・・・。

 

関係機関の協力により、

先日、

ご本人は都営アパートから特別養護老人ホームに入所することができました・・・・。

 

特養に入所できたことによって、

今度は、

この都営アパートを賃貸人(東京都)に返さなければなりません・・・・。

 

つまり、

賃貸借契約の解除なので、

事前に家裁から、

居住用不動産の処分許可を得なければなりません・・・・。

 

許可申立て自体は手続きを取るだけでなので、

別に難しいことではないのですが、

 

問題は、

建物(部屋内)の原状回復・・・・、

残置物は家具や生活用品一式そのまま残っておりますし、

生活ゴミも相当あります・・・。

 

これを片付けるのには相当の費用がかかることでしょう・・・・(お金はありません)。

 

しかし、

都営住宅には、

生活保護受給中の方や賃料を免除されているといった、

一定の条件に該当する方(賃借人)には、

「原状回復義務の免除」という制度があることが知りました・・・・。

 

これで助かります。

 

念のため私は、

「本件についても適用があるのか・・・」ということ及び、

「相当の残置物があるのだが、それでも本当に構わないのだろうか・・」

といったことを尋ねたところ、

 

先方より、

「該当します。残置物やゴミはそのままにして退出されても問題ありません。」

といった返答がありました・・・・。

 

思わず「ホッ」とした私は安堵の表情を浮かべると、

すかさず先方から、

「法的には確かに問題ありません。

しかし、

いくら免除とはいっても親族の方が対応してくださったりすることが通常ですので、

後は、その方やご親族のモラルに任せます。」

と言ったことを付け足されました・・・・。

 

確かに、

一理あると思います・・・。

 

しかし、

モラルはあるけれど、

お金は無く、

頼れる身寄りがいない方は、

世の中にはたくさんいるはずです・・・・。

 

そのような方達はどうすれば良いのでしょうか?

モラルの有無の問題なのでしょうか?

 

 

成年後見の無料相談は西東京市(田無・保谷・ひばりヶ丘)「さくら司法書士事務所」司法書士志村理(shimura osamu)

« 前ページへ