ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

判決正本に誤りがある場合~訂正の付記と更正決定申立

カテゴリ:裁判・訴訟 2010年01月20日

判決言渡しがなされると、

後日、

判決正本が送達されます・・・・。

 

この判決が(確定することによって)債務名義となり、

今後の執行手続きに必要な書類となる訳ですが、

もしもこの判決正本に誤記や計算違いといった誤りがある場合、

そのままでは強制執行に使用できない場合もあるので、

判決が届いた際は、

その内容についてキチンとチェックする必要があります・・・。

 

判決正本に誤りがある場合、

相手方に判決正本が送達される前であれば、

判決正本を訂正してもらうことが可能です・・・・。

 

しかし、

 

相手方に判決正本が送達されてしまった後は、

もはや訂正することができませんので、

この場合は、

更正決定の申立によって対処することが必要になり、

一定の時間と手間、

そして費用が必要になります・・・・。

 

 

裁判・訴訟のご相談は西東京市「さくら司法書士事務所」司法書士志村理