ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

アエル → JPモルガン → エヌシ-キャピタルへの過払い請求

カテゴリ:債務整理・借金問題, 過払金返還請求 2009年02月25日

民事再生手続きの結果、

過払い債権の40%(30万円以下は全額返済)を弁済するとしたクレディアに対し、

 

再生手続中のアエル株式会社の場合、

その弁済率は僅か5%・・・・つまり100万の過払いがある人の返金は5万だけ・・・、

といったことになりそうです・・・。

 

アエルは保有する(利限法引き直し前の)貸金債権をJPモルガン信託銀行株式会社に債権譲渡しており、

JPモルガンはそれをエヌシーキャピタル株式会社に債権譲渡しております。

 

当のエヌシーキャピタル株式会社は、

「jpモルガンからの譲渡は、貸金業に係る債権譲渡の要素は全くなく、純粋に債権のみの資産価値に限って引き受けたので(すなわち利息制限法の上限利率への引き直し計算など知ったことではない)、アエルの民事再生開始決定日3月27日以降の取引について発生した過払いについてはNCキャピタルが責任を持つが、それ以前のものについては責任はないので、アエルに請求を・・・・」

・・・といった対応なので、

過払い請求は一体どこへ?・・・・といった問題が生じます・・・・。

 

上記エヌシーキャピタル担当者の言うような、

「純粋に債権という資産価値のみの債権譲渡」であるならば、

その債権譲渡契約書を見せて欲しいところですが、

(コピーを送るよう要求したものの)同社は開示してくれません・・・・。

 

債権を譲り受けた業者(エヌシーキャピタル)が過払い金返還債務を承継しないと言うのなら、

譲り受ける時点で引き直し計算を行い、

その時点で過払いになっているのなら債権譲渡契約などするべきではなく、

引き直し計算をしないまま債権を譲り受けているのであれば、

貸主たる地位は譲受人に移転し、

過払い金返還債務を承継すると考えるべきです・・・・・。

 

・・・・これだけ世間で「過払い」だ「利息制限法」だ「グレーソーン撤廃」だと騒がれており、

ましてエヌシーキャピタルは消費者金融業者で貸金のプロです・・・・・・、

そんな虫の良い言い分が通用するようなことはあってはなりません。

 

結論として、

アエル(5%になってしまいますが・・・)、

エヌシーキャピタルのどちらでも、

過払金全額について返還する義務があると考えられるのですが、

同社(NC)がこれに応じてくれないので、

裁判上にて回収を図ることになりそうです・・・・・。

 

 

 

さくら司法書士事務所運営(西東京市)の債務整理専門サイト「債務整理&過払い金返還請求のABC」

“アエル → JPモルガン → エヌシ-キャピタルへの過払い請求” への6件のフィードバック

  1. tanaka より:

    はじめまして。私は広島で司法書士の補助者をしています。半年以上も前の日記ですが、アエルとNCキャピタルの件がその後どうなったのかが気になっていまして。私が担当させていただいている依頼者さんが同様にアエル→NCキャピタルとなっており、情勢をみているところです。よろしければ、その後のことを教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。
    失礼な質問でしたらご容赦ください。

  2. 志村 理 より:

    「tanaka」さん、はじめまして。

    今回のケースは、アエルとの取引によって発生した過払いが数万円程度で、そのほとんどがNCキャピタルが責任を持つという、(アエルの)民事再生開始決定後に発生した過払いでしたので(依頼人は「訴訟」を希望せず)、アエル分と、NCキャピタル分を分けて請求し、アエルについては発生過払いの5%を、NCキャピタルからは発生した過払い金全額を返還してもらい、本件は終了しました・・・。

    知り合いの司法書士さんや弁護士さんに聞くところ(NCキャピタルに全責任を負わせるのは)、訴訟でもなかなか厳しい情勢であるとは聞いております・・・。

    尚、別件で同様の過払い案件を現在受託しており、今回はNCキャピタルの主張するアエル分(開始決定前)の過払いもしっかりと発生しているため、依頼人の希望があれば、全ての過払いについてNCに返還を求めるべく、過払い訴訟を提起する予定でおります・・・。

  3. tanaka より:

    志村さま

    丁寧にご返答いただきましてありがとうございました。
    ネットでいろいろと探してはいるのですが、なかなかいい情報が得られませんでした。しかし、今回の情報で、少し前進できるのではないかと思います。

    これからもこのブログを楽しみに見させていただきます。
    ありがとうございました。

  4. yoshida より:

    教えて下さい。
    その後、エヌシーキャピタルとは訴訟をされたのでしょうか?
    過払いであることがわかり、
    エヌシーキャピタルに電話したところ、
    アエルが再生した以降の支払分の3割弱は払うと言われました。

  5. 志村 理 より:

    「yoshida」さん、はじめまして。

    はい、その後NCキャピタルに対して提訴し、数回の口頭弁論を経た後、同社と裁判上の和解をし(和解に代わる決定)、本件訴訟は終了しました。

    尚、条項にて「和解内容については第三者に漏洩してはならない」旨、先方と約束しておりますので、これ以上のことはお話できませんが、依頼人も私も和解内容には満足しております(お察し頂ければと存じます)。

  6. yoshida より:

    志村様、ご返答頂きありがとうございました。
    参考になりました。
    またブログを拝見させて頂きます。
    ありがとうございました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

 |