ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

成年後見制度の大きな課題(医療同意)・・・早く立法的解決を~

カテゴリ:成年後見 2008年12月06日

毎年この時期(といっても11月初旬頃ですが)、

インフルエンザの予防接種に関し、

病院、特別養護老人ホームなどから、その申込書兼同意書なる書面が届きます・・・・・・。

 

私個人についてではありません、

接種対象者は被後見人であり、

成年後見人である私にはその同意を求めるというものです・・・・・。

 

本人に判断能力がなく、同意できないときは、

通常、家族が同意しているのですが、

そのような家族がいない場合は(家族がいてもその協力を得られない場合)、

ほぼ100%の確率で後見人に連絡が来ます・・・・・。

 

成年後見人には法律j行為としての医療契約を締結する権限はありますが、

医療行為の同意に関する権限はありません・・・・・。

 

インフルエンザの予防接種や血液検査など、

危険性の少ない医療行為については、

成年後見人が同意しても問題ないといった解釈もあるようですが、

キチンと法律によってそれが明文化されていない限り、

極力避けるべきであると思います・・・・。

 

 

そもそも、

何故家族だったら医療行為の同意ができるのでしょうか?・・・・・・・・・法的根拠はないのでは?

・・・・・・・・・・素朴な疑問です。

 

 

成年後見のご相談は「さくら司法書士事務所」