ご相談電話番号 042-469-3092サイトマップ ご相談・お問い合わせ
個人情報保護方針

清瀬市で司法書士をお探しなら、さくら司法書士事務所

香典、お墓、生命保険金、死亡退職金は相続財産なのか?

カテゴリ:相続、遺産分割 2008年10月04日

東京司法書士会三多摩支会では、

奇数月に奥多摩町にて無料法律相談会を行っております・・・。

先週の土曜(9月)は私が担当相談員だったのですが、

開始時刻前から数組の相談者が待っているような状況でした・・・・司法過疎対策強化の必要性をつくづくと感じます・・・。

 

奥多摩相談会において、

香典、お墓、生命保険金、死亡退職金は相続財産なのか?・・・といった質問があったのですが、

結構このような質問は多く、

どこへ行ってもよく耳にします・・・・・・。

 

以前にも(旧)司法書士ブログにこのことについて触れましたの、再度紹介したいと思います。

 

祭祀は相続財産でしょうか?》

祭祀を営むのに必要な系譜、祭具及び墳墓の所有権は相続財産には属さず、独自の方法と順所で祭祀承継者を定める(民897条)。

「系譜」って?・・・・家系図や図書のことです。

「祭具」って?・・・・神棚や仏壇のことです。

「墳墓」って?・・・・墓碑のことです。

じゃあ墓碑の置いてある土地(墓地)の所有権や墓地使用権は如何でしょうか?

→これも墳墓に含まれるので祭祀扱いとなります。

 

生命保険金は相続財産でしょうか?》

生命保険金を受け取る権利は保険契約によって発生する扱いが一般的なので、保険金受取人を○山○夫というように具体的相続人名を挙げて指定していた場合には、この生命保険金は受取人独自の財産となり、相続財産には含みません・・。

一方、

被相続人自分自身を受取人に指定していた場合には相続財産となります・・・。

 

死亡退職金は相続財産でしょうか?》

死亡退職金というものは会社の場合には当該会社の就業規則であり、国家公務員であれば国家公務員退職手当法等の法令がその支給の根拠となります・・・・。

従い、受給者の範囲や順位は民法の相続規定とは異なる結果、相続財産とはならないのです・・・。

遺族年金等、社会保障関係の特別法によって支給されるものも同様です。

 

香典は相続財産でしょうか?》

遺族に対する慰謝(または葬式費用の分担)という趣旨から、喪主へのとみなされるため、相続財産とはなりません

 

相続問題、相続登記に関するご相談は、西東京市さくら司法書士事務所